みんなでつくろう、これからの医療
with Heart プロジェクト

私たちと一緒に「"心臓"に病気があっても大丈夫」
と言える
社会の実現を目指しませんか?
新着情報

【お知らせ】<参加者募集>医大生が主催するプロジェクトにwith Heartプロジェクトが協力することになりました

この度with Heartプロジェクトでは、医大生が主催する「inochi WAKAZO Project」の一環である、中高生と共に心臓病について検討する「inochi Gakusei Innovators’ Program」に協力することになりました。

そこで、彼らが7月17日(日)に開催するワークショップにご参加いただける心臓病をもつ当事者の方を募集いたします。ぜひ皆さんのこえを、これからの医療を担う学生たちに届けてください。

参加資格はwith Heartプロジェクト登録メンバーの心臓病をもつ当事者となりますので、メンバー登録がお済でない方は以下よりプロジェクトメンバーにご登録の上、参加申込のお手続きをお願い致します。

◆ inochi WAKAZO Projectとは

「若者から『いのち』を守る社会を創る」ことをミッションとして活動している、慶大・東大・京大・阪大などの医学生を中心とした学生組織です。


【主催者より】

inochi WAKAZO Projectでは事業の一環として、inochi Gakusei Innovators’ Programという中高生を対象としたヘルスケア領域の課題解決プログラムを運営しています。

今回のプログラムでは、参加する中高生たちが2~4名のチームを組み、大学生メンターと共に約4か月かけて今年度のテーマである「心不全パンデミック」について調べ、課題を発見し、解決策を考え、実行していきます。

若者は生活者視点に近く、社会的な利害関係に捕われにくい存在であるため、橋渡し役として柔軟に動き回ることができ、若者だからこそ思いつくアイデアがあるのではないかと信じて活動しています。

中高生は、心不全に限らず心臓病をもつ当事者と普段語り合う機会が決して多くはありません。

自身の病と向き合いながら精力的に活動しているwith Heartプロジェクトメンバーの皆さまと対話の機会をもつことで、共に心不全について考え、議論することは中高生たちにとって大変貴重な学びの機会となります。

本ワークショップを通して中高生が病気をもつことを自分事として考え、その後のプログラムにて心不全をもつ方々に寄り添った解決策を模索していくための活動となります。

ぜひ多くの方にご参加いただければ幸いです。


【開催概要】

「inochi WAKAZO Project inochi Gakusei Innovators’ Program教育プログラム#1ケーススタディワークショップ」

  • 開催日時:7月17日(日) 15:00-16:30(90分)
  • 開催方法:zoom
  • 内容:中高生70名程と一緒に心不全をもつ人について考えるケーススタディをおこないます
  • 参加資格:with Heartプロジェクトメンバーで心臓病をもつ当事者(心不全の有無は問いません)
  • 参加費:無料
  • 申込:https://forms.gle/MArW9CgfF4tKo1xW9
  • 申込締切:7月10日(日)中 
    ※募集人数に限りがございますのでお申込みはお早めにお願いします

主催:inochi WAKAZO Project https://inochi-wakazo.org/


【申込みに関するお問い合わせ】
一般社団法人ピーペックwith Heartプロジェクト事務局
メールアドレス:withheart@ppecc.jp