プロジェクトについて

プロジェクトについて
― project —

みんなでつくろう、これからの医療“with Heart”プロジェクトについて

みんなでつくろう、これからの医療プロジェクトについて

みんなでつくろう、これからの医療<People’s Power flow into Healthcare:PPH>プロジェクト」は、ピーペックのミッションである「病気があっても大丈夫と言える社会」の実現に向け、あらゆる人が立場を超えてこれからの医療を一緒に考え、創っていくためのプロジェクトです。

病気をもつ人が治療のために生活を諦めるのではなく、自分らしい生活のための治療ができるように。そして、日本のこれからの医療を素敵なものにするために、病気や資格の有無に関わらず、すべての人たちが語り合い、病気をもつ人視点の治療・薬・サービスを「あたりまえ」にすることを目指します。

“with Heart”プロジェクトについて

みんなでつくろう、これからの医療“with Heart”プロジェクト(略称:with Heartプロジェクト)は、「みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト」のビジョンのもと、心臓病に特化したプロジェクトとして、2020年11月よりスタートしました。

心臓病をもつ人・もっていた人やそのご家族と企業、患者会(支援者)、医療者、企業などあらゆる人が集まり、共に学び・話し合いながら「心臓病があっても大丈夫」と言える社会に向けた、より良い医療環境づくりに向けた協働につながるプラットフォームを定着させることを目指しています。

プロジェクトの目標

協働のプラットフォームのイメージ

初年となる2020~2021年は「病気をもつ人と企業の距離を縮める」ことをねらいとし、一般社団法人米国医療機器・IVD工業会(AMDD) に後援いただき、2020年11月より活動をおこなってきました。プラットフォームの中核を担う心臓病をもつ人や患者会・患者支援団体(以下、患者団体と表記)を対象に、セミナーやワークショップを実施しました。

2年目となる2022年は「仲間を増やし、つながれる仕組みをつくる」をテーマに実施します。プロジェクトをより多くの方に知っていただくため、2022年からは新たに一般社団法人日本循環器協会が後援に加わりました。心臓病をもつ当事者や患者団体と、最先端の医療技術を提供しているAMDDの企業メンバーをはじめ、疾患や健康に関心や興味がうすい人たちにも、心臓病を自分ごととして捉えられるように情報を発信し、プロジェクトに参加してもらうことで、さまざまな心臓病を取り巻く社会的課題を集約するための協働のプラットフォームづくりを共におこなっていきます。

プロジェクトでは一般公開セミナーやワークショップなどを開催し、心臓病の現状や課題等についてあらゆる立場の人たちが共に学ぶ場を通して、心臓病をもつ人のニーズや領域が抱える課題を共有し、解決のためのビジョンづくりを行います。

そして、これらのプロセスを通して、当事者が自身の「こえ」を医療・社会に反映するための知識を身に付けること、心臓病に関係する患者団体同士がつながること、AMDD企業メンバーが病気をもつ人の声の価値を見出すことにより、当事者の声を反映し還元するプラットフォームの基盤構築へとつなげていきます。

また「Heartアンバサダー」という新しい仕組みを取り入れ、既存メンバーや新規メンバーのそれぞれの参加目的や意義に沿った魅力的な参加方法を提供していきます。そして、さまざまな立場の人との対話の場をもち、心臓病についての幅広い知識や経験を得ることで、プロジェクトに関わらず将来的に心臓病領域における医療現場や行政、企業など医療環境づくりの場へ「こえ」を届けられる人材が育つよう促します。

※Heartアンバサダーについての詳細はこちら

2022年度のプロジェクト概要

2021年の活動の模様をダイジェストでご覧いただける動画です。

\\登録メンバー募集!//

本プロジェクトの趣旨に賛同いただける方ならどなたでも歓迎します。

登録メンバー(無料)は、本プロジェクトの情報取得やイベントへの優先的な申し込み、
アーカイブ動画の閲覧等ができます。
あなたの体験や想いが同じ病気を抱える仲間の希望に繋がるかもしれません。
ぜひ、あなたの声を聴かせてください。

また、本プロジェクトの趣旨にご賛同いただける患者会等の関係団体も募集しております。
ご関心のある場合は
「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。詳細等ご説明いたします。