みんなでつくろう、これからの医療
with Heart プロジェクト

私たちと一緒に「"心臓"に病気があっても大丈夫」
と言える
社会の実現を目指しませんか?
プロジェクトのお知らせ

【お知らせ】inochi WAKAZO Project中高生インタビュー企画のご案内

with Heartプロジェクトが協力をしているinochi WAKAZO Projectより、当事者メンバーを対象とした中高生によるインタビュー企画のご案内です。

以下、主催者からの詳細案内をご覧の上、ご興味がある方は直接「申込フォーム」よりお申込みをお願いします。尚、お申込をもって、ご入力いただいた個人情報はinochi WAKAZO Project事務局と共有いたします。また、インタビューの日程につきましては、直接inochi WAKAZO Project事務局と調整していただきます旨、併せてご了承の上、お申し込みください。

≪主催者より≫【中高生によるインタビュー企画参加者の募集】

慶大・東大・東京医科歯科大・京大・阪大などの医学生を中心とし、「若者から『いのち』を守る社会を創る」ことをミッションとして活動しておりますinochi WAKAZO Projectです。

現在、inochi Gakusei Innovators’ Programに参加している中高生たちはプログラムを進めていく中で、服薬や水分制限、塩分管理などにおいて心不全の患者さんが抱える悩みに対してできることを模索しております。詳しく調べる中で、やはり当事者の方々にお話を聞きたいという声がいくつも寄せられました。

そこで、中高生たちに向けてご自身の病気との付き合い方(服薬や水分制限など)についてお話してくださる方を募集しております。水分制限や減塩などについては心不全に限らず通じる部分があるかと思いますので、以下の企画概要に書きましたトークテーマ候補のいずれかについてお話しくださる方がいらっしゃいましたら、ご参加くださいますと幸いです。

社会に対して意識を高くもつ中高生たちが病気と生きる当事者の方々の視点に触れる貴重な機会であり、中高生たちは間違いなくこの経験をこれからの未来を創造する糧としていくと信じております。何卒お力添えをよろしくお願いいたします。

<インタビュー企画概要>
◆日時:9月中1時間ほど(具体的な日程は個別に調整させていただきます。)
◆場所:zoom
◆対象:with Heartプロジェクト当事者メンバー
inochi Gakusei Innovators’ Programのテーマは「心不全」ですが、心不全を合併していらっしゃらなくてもトークテーマに関してお話してくださることがあるという方はご連絡くださいますと大変幸いでございます。

◆トークテーマ候補:
1.職場や外出時を中心とした薬の服用について(働いている方へ)
2.一人暮らしの薬の服用について
3.水分制限の難しさや制限する上での工夫について(水分制限の経験がある方へ)
4.普段の減塩への取り組みについて(自宅で料理をされている方へ)
5.元々基礎疾患がある中で心不全を予防することについて

◆内容:ご協力くださる方お一人ずつに対して中高生が1時間かけてじっくりインタビューさせていただきます。逆に、本プログラムに参加している中高生に聞いてみたいことなどございましたら聞いていただいて、議論を深める場となればと考えております。

◆申込フォーム:https://forms.gle/ns5gd8LhbDMad4c87


<inochi Gakuse Innovators’ Programとは>

inochi WAKAZO Projectは「若者から『いのち』を守る社会を創る」ことをミッションとして活動している、慶大・東大・東京医科歯科大・京大・阪大などの医学生を中心とした学生組織です。そして、弊団体は事業の一環として、inochi Gakusei Innovators’ Programという中高生を対象としたヘルスケア領域の課題解決プログラムを運営しております。

本プログラムに参加する中高生たちは2~4名のチームを組み、大学生メンターと共に約4か月かけてテーマについて調べ、課題を発見し、解決策を考え、実行していきます。 今年度のテーマは「心不全パンデミック」となっております。若者は生活者視点に近く、社会的な利害関係に捕われにくい存在であるため、橋渡し役として柔軟に動き回ることができると我々は考えており、若者だからこそ思いつくアイデアがあるのではないかと信じて活動しております。

▼ウェブサイト
https://inochi-wakazo.org/